ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



田んぼの収穫祭 ② 9月28日

田んぼの収穫祭、午後からはカエル探検に出かけました。
稲刈りのすんだ田んぼに入ってみると
春はオタマジャクシだったカエルが草やワラの中をぴょんぴょん。
気持ち悪いのをぐっとこらえて、やっと捕まえた女の子。
「おかあさ~ん、ツチガエルつかまえたよ!」「どれどれ」
DSC04414 新.jpg
DSC04436新.jpgDSC04433新.jpg
ツチガエル                       トノサマガエル


7月の田んぼ探検隊は「魚をつかまえよう」でした。
でも、いなかったのです、なまずもふなも。
今日こそ、捕まえたい!
水路の下流から流れに逆らって魚を追いかけたり、
ため池から流れてくる深みをじっと覗き込んだり、
とにかく、みんな真剣です。
DSC04447新.jpg


いました、いました。25cm以上はあるナマズ。
すごい力持ち。容器からふたを抜けて飛び上がり1mも跳んだのです。

「ナマズは5月の連休のころ、大きな川から田んぼまで登ってきて卵を産みます。
大きな魚が入って来れないので、ナマズの稚魚にとっては安全な場所です。
生まれたてのナマズは体長はわずか1㎝。それでもちゃんとヒゲがあります。」
と中村自然観察指導員。
わずか半年で、この貫録です。
DSC04418 新.jpg


田んぼや水路はいつの季節に訪れても新しい発見があります。
これから冬へ、そして春へ。
生きものたちはどのように寒い季節を越して
新しい命を育んでいくのでしょう。
冬の田んぼにも目が離せません。



▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.