ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



地震に強く 原発に頼らない家をつくろう第3回 原子力発電所事故の恐ろしさ

「汚染水の影響は原発港湾内の0.3 平方キロメートルの範囲内で
完全にブロックされています」
「健康問題は今までも、現在も、将来も
まったく問題ないと約束致します」

ブエノスアイレスでのIOC総会で、
2020 年夏季五輪の開催が東京に決まった。
安倍晋三首相による福島原発事故の影響を否定する招致演説が
決め手になったと各報道機関が伝えている。

私も国際中継で安倍首相の演説と質疑への応答を聞いたが、
強い違和感を覚えた。
“一国の首相が目的を達成するために平気で嘘を言うんだ”
ということを世に知らしめたのである。
まるで車のCMのような映像によるプレゼンテーションは、
どこかの広告会社に高い制作費を出したんだろうなと
笑って済ませられる。
しかし、すぐに馬脚をあらわしてしまう安倍首相の虚偽の説明は、
日本という国の品格をこれ以上はないという程
落としめてしまったのではないだろうか。

「7年後の五輪開催に向けて
不安を取り除くようあらゆる方法をつくします。
大震災を受けた日本にとって
オリンピックの開催は大きな希望となり、
復興に向けて力強い支援になります」と
首相は訴えるべきではなかったのか。
その方が後々まで日本が信頼されることになるのでは、
と原発事故による放射能汚染で関東の家に住めなくなり、
徳島に帰って来ることになったAさんと話したのであった。

一国の首相に真っ赤な嘘を言わせる。
― 原子力発電所の事故の恐ろしさは、
放射能だけではないのである。


                  里山の風景をつくる会  理事
                   建築家   野口 政司


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

最近のコメント

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.