ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

里山エッセイ



田んぼ探検隊part3 「稲と一緒に育つ生きものの観察」 2015.7.4

早朝の田んぼでは、つんつんととがった稲の葉先に
根っこから吸い上げた雫が一面の緑を映しながら
朝日に輝いています。
田植えのとき2~3本だった苗も、根元から次々と
茎を増やして今では20本くらいに成長し、
稲穂の赤ちゃんが出来始めているのでしょう、
茎がふっくら膨らみ始めています。

田んぼpart3 ②.jpg

今日は、2か月前に田植えをした田んぼでの生きもの観察会。
この春田んぼで卵から孵って稲とともに育っている水生動物を、
マイクロスコープで拡大してじっくり観察しました。
5mmほどのマメゲンゴロウやゴマフガムシ、ヒラマキミズマイマイ、
シマアメンボ、イトミミズなどを拡大してスクリーンに現れた姿に、
みんな、「わあっ!」。ちょっとこわそう。
でも精巧な肢体や個性的な顔の田んぼの住民たちに見入ってしまいました。

part3 ②.jpg


田んぼでは一日一日、稲が成長するとともに
生きものもすくすく成長していき、種類も変わっていきます。
私たちといっしょに田んぼと生きものの四季を探検しませんか。


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

バックナンバー

最近の記事

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.