ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

最新情報



2007年里山セミナー「アレックス・カー:美しき日本の残像」   [2007年02月25日]

*日時:3月18日(日)午後1時30分~3時

*会場:滝の焼餅 和田乃屋(徳島市眉山町5-5)駐車場あり

*会費:無料(お茶代が必要)


京都・亀岡の庵で暮し、徳島・東祖谷の古民家を修復し、セカンドハウスにしたアメリカ人、アレックス・カー。

新潮学芸賞を受賞した 彼の「美しき日本の残像」、そして、日本への愛から出た衝撃的な日本論「犬と鬼」。

今回の里山セミナーは、アレックス・カーの目を通して見た日本の姿をたどってみましょう。

 参考文献 美しき日本の残像(朝日文庫)、
        犬と鬼ー知られざる日本の肖像(講談社)
 

『「祖谷」谷は徳島県と高知県にあって、祖谷峡は日本で一番深い峡谷です。
この日見た景色は、日本の自然の中でも最もファンタスティックで、子供の時にあこがれた中国の山を想いおこしました。
丁度、宋時代の山水画に描かれた山々に似ていました。
  
 川は青い「阿波石」のためエメラルド色にそまり、そびえ立つ岸壁は「玉」のよう。
そして谷の向こうの山からは白い滝が、まるで筆で書いたように真すぐに流れ落ちていました。
その自然の中に、茅葺屋根が山腹に点在している様子は、仙人の棲み家を見るようでした。』
             (アレックス・カー「美しき日本の残像」より)


シンポジウム「まちに森をつくるinかがわ」に参加 [2007年02月24日]

NEC_0904.JPG

会場です。たくさんの人が参加されました。


NEC_0905.JPG

サヌカイトの演奏後、石に触るNさん。


NEC_0906.JPG

シンポジウムのパネラーのみなさんです。


NEC_0910.JPG

NPO法人どんぐりネットワークのMさんです。ユニークな活動をされています。尊敬。


2007年里山セミナーが始まりました。 [2007年02月22日]

2007年の里山セミナーがスタートしました。

今年のセミナーのテーマは『日本人の生活スタイルについて考える』です。
3つの視点からアプローチを計画しています。

 
1.異邦人の見た日本の姿
    
モラエスや、ブルーノ・タウト、ハーン、アレックス・カーの目には日本の風景や文化がどのように映ったのでしょう。
明治から現代まで時代の変遷も見据えながら、日本の姿を見つめなおしてみたいと思います。
   
参考文献 
  モラエス 「おヨネとコハル」「日本精神」「徳島の盆踊り」
  アレックス・カー「美しき日本の残像」「犬と鬼」
  ブルート・タウト「日本美の再発見」「ニッポン」


2.生活のかたちを考える  

アーミッシュやシェーカーの村人の生活は実にシンプルです。私たちの生活と対比させながらシンプルの意味を考えてみます。
他に「いわむらかずおの絵本14ひきシリーズー森の中の生活」や「日本の民家の底力」、「さよならのかたち(グッバイお葬式)」などを題材にして、生活のかたちを考えていきます。
  

3.探訪・実践セミナー
    
実際に東祖谷の民家や、桂離宮などの京都の住まいを探訪したり、パターンランゲージによる里山のまちづくりを遊び感覚で楽しくつくってみます。   
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *  

2月18日に1回目の里山セミナー「モラエスの見た日本の風景」をひらきました.

モラエスの描いた徳島の風景はとても美しく 、会場の和田乃屋の座敷ごと、あの時代にタイムスリップしたようでした。
 
参加者の感想が里山エッセイ「ぞめき『モラエスの愛した風景』」にのっています。そちらもご覧ください。

次回のセミナーは、最新情報でまもなく お知らせします。  


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

過去のお知らせ一覧

最近の記事

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.