ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

最新情報



“生物多様性国内対話”in 徳島・香川 みんなで取り組もう!生物多様性の保全 [2010年02月16日]

~“COP10”に向けた市民の役割を考えよう~

2月20日(土)
アスティとくしま 2F第6会議室

私たちが暮らす四国は、海から山まで多種多様な生きものがすみ、
日本の中でも豊かな自然環境に恵まれた地域です。
生きものの個々のつながりが生態系を作り出し、
人間もその構成員として、多くの恩恵を受けています。

2010年は国連の定めた国際生物多様性年です。
また、10月には国際的な枠組みを策定する生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が名古屋で開催されます。

この機会にみんなで、豊かな四国の自然の中で
生物多様性を守っていくために私たち市民に何ができるか、一緒に考えましょう!

プログラム
1.生物多様性と日本の取組み(講演)
   講師:環境省生物多様性地域戦略企画室 長田啓氏
2. COP10と市民の関わり(講演)
   講師:生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)運営委員
      草刈秀紀氏(WWFジャパン)  道家哲平氏(日本自然保護協会)
3.生物多様性保全の取組み・ディスカッション(報告)
   コーディネーター:草刈秀紀氏、道家哲平氏(CBD市民ネット)
   市民団体や行政からの話題提供・ディスカッション
      A)森と里山の現状      B)ため池・平野地の現状
      C)河川流域・海岸域の現状  D)瀬戸内・里海の現状  
4.行政の地域戦略について
    徳島県自然環境課
    香川県森林部みどり保全課
    環境省中国四国地方環境事務所野生生物課
5.全体討議 
  

〔主催〕      環境省
〔コーディネート〕生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)、(財)日本自然保護協会
〔協力〕      地球温暖化を考える-市民アクション2010-徳島、四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)
〔お問合先〕    NPO法人里山の風景をつくる会 住所:徳島市山城町東浜傍示28-53 TEL:088-655-1616 MAIL:info@enjoy-satoyama.jp


▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

過去のお知らせ一覧

最近の記事

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.