ヘッダーをスキップ

ヘッダーエリア


コンテンツエリア

最新情報



2016田んぼ探険隊 田植えをしよう! [2016年04月21日]

田植え イラスト2.jpg
今年も田んぼ探検隊が始まります。

苗を植え終わった時の爽快感、泥んこ遊びの楽しさ。
1年に1度だけのとびきりおもしろい体験をしよう。
田んぼに水を張ってみんなが来るのを待っているよ。

■日  程   5月3日(火・祝日) 午前9時30分~11時30分
■場  所  小松島市 大林町 新開小学校北側
■持 ち 物  水筒 タオル 着替え
■服  装  田んぼに入るので濡れてもいい動きやすい服
■参 加 費  300円(保険代含む)
申し込み・問い合わせ先 
 info@enjoy-satoyama.jp   

*この事業は全労済地域貢献助成金で運営しています。
*湿地のグリーンウェイブ 2016参加イベントです。


田んぼ探検隊2016 隊員募集中 [2016年04月19日]

DSC_2657 (7)新.jpg

■田んぼ探検隊って?
小松島の有機栽培の田んぼや用水路で、
田植えや生きもの探しなどの体験を通じて、
お米といっしょに育たくさんの生きものとふれあい、
その生きものたちがささえる里山の風景を感じてもらう企画です。

■探検隊のめざすことは?
お米を食べる人間だけでなくミジンコからコウノトリやナベツルまで
たくさんのいのちを育んできた田んぼ。
けれど今は、農薬などの原因で
育つことのできない生きものがたくさんいます。
守られているから守りたい。
みんなの力で、田んぼに生きもののにぎわいを取り戻します。

スケジュール
●5月3日(火・祝日)小松島市大林町 「田植えをしよう!」
土の匂いと感触を味わいながら、どろんこになって、田植えをします。
小さな苗はどんどん大きくなって、たくさんの生きものの棲家になるのです。

●5月29日(日)小松島市田浦町  「あかはらイモリを捕ろう!」
見たことのないいろんな生きものに出会えるのが田んぼのすごいところ。
食べて食べられて、いのちはつながっていることを発見します。

●7月24日(日)櫛渕町 「用水路で魚を捕ろう!」
真夏の太陽の下、用水路での生きものさがしは大人も子どもも夢中になる。
語るよりとにかく体験しよう!

●8月28日(日)大林町「稲刈りしよう!」
お米が実ったら鎌で刈り取って、ハゼ干しします。
太陽のめぐみが隠し味になってお米はもっとおいしくなるのです。

●10月上旬の日曜日 「田んぼの収穫祭」
自分たちで田植えして稲刈りしたお米です。じっくり味わってみて!
農家さんと一緒に収穫をお祝いします。



▲ページのトップへ戻る


サイドナビゲーションエリア

SATOYAMA SNS 里山を語るコミュニティ

ログインe-mailアドレス、パスワードを入力

カテゴリー

過去のお知らせ一覧

最近の記事

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ

NPO法人 里山の風景をつくる会
〒770-8055
徳島市山城町東浜傍示28-53
TEL:088-655-1616
FAX:088-655-1632
E-mailinfo@enjoy-satoyama.jp

▲ページのトップに戻る


フッターエリア


Copyright©2006 Meeting that makes scenery of hometown mountain.All Rights reserved.